不動産の価値を知る

certificate

市場調査を踏まえた空き家の活用方法の提案

handshake-heart

売却をする場合の不動産価格の査定

floorplan

買い手を探すための売却活動。

各サービスの特徴

不動産会社を選ぶポイント

不動産の相談をしたいと思った時に一番重要なのは、『相談相手選び』です。

10年くらい前までは、大手の不動産会社さんに相談すればそんなに失敗はありませんでした。なぜなら、歩合制の給与体系が色濃く残り、実力のある営業担当しか生き残れない時代だったからです。

ところが、10年ほど前に大きく変化しました。実力主義=『ブラック企業』と言われ始めたのです。

平成10年ごろにもブラック企業という言葉はありましたが、その意味合いが変わってきたのです。

その頃から、平等主義が色濃くなり、実力のあるなしでの給与の格差が小さくなりました。その結果、実力のある担当者はどんどん独立し、実力がなくても辞めなくて済む会社となりました。

また、営業機会を均等にするため、担当者決めを順番制にしたのです。今や大手の不動産会社への相談は、実力不足の担当者に当たる可能性が高まっているのです。

 

●相談相手に必要なことを確認しましょう。

・その担当者は宅建資格を持っていますか?

不動産会社では、社員5人のうち1人が【宅地建物取引士】の資格を持っていれば、営業できるルールです。不動産会社の社員全員がその資格を持っているケースはほとんどありません。

車の運転免許を持っていない人の運転する車には乗りませんよね?

 

・その担当者は不動産業界の経験はどれくらいありますか?

初めて不動産のことを相談するのに、最近不動産業界に入ってきた人に相談したいと思いますか?どういう経験を積んできたのか、確認することをお勧めします。

 

・同業者の仲間やブレーンがどれくらいいるのか?

売って終わり、買って終わりではありません。

売った後は税金がかかるのか、税金を安くする方法はあるのかが重要です。

買う場合は、その不動産をどう使うのかという点で、建築関連の事業者と連携してもらえます。買う前に相談に乗ってもらえる可能性があります。

スマカンでは、ベテランの不動産担当者にご相談いただけます。

相談先をどこにするか悩む前に・・・

まずは、ご自分の不動産に関する悩みは何だったか、整理してみてください。

一口に「不動産」と言ってもその範囲は幅広いのです。

売買と賃貸・管理、居住用と商業用、自己使用と投資用、一軒屋から大規模開発、国内と海外などジャンルやその規模は様々です。

あなたの不動産に関するお悩みやお持ちの不動産の場所や広さによって、相談する相手が違ってきます。

そのため、相談したい不動産の場所はどこか、その持ち主は誰か、何に困っているのか、を教えてください。

あなたのお悩みに応じて、スマカンが適切にアドバイスできる担当者をご紹介いたします。

 

 

専門サービス

不動産定期メンテナンス